天一国月曜礼拝のみ言(陽暦2021年11月22日)

【 礼拝のみ言 】

天一国九年天暦10月18日(陽暦2021年11月22日)

説教タイトル:「 今は植えるときです 」
説教者:鄭 東洙 教区長
 
<御言葉の訓読>
 「それは、わたしの民が二つの悪しき事を行ったからである。すなわち生ける水の源であるわたしを捨てて、自分で水ためを掘った。それは、こわれた水ためで、水を入れておくことのできないものだ。エレミヤ書2章13節まちがってはいけない、神は侮られるようなかたではない。人は自分のまいたものを、刈り取ることになる。すなわち、自分の肉にまく者は、肉から滅びを刈り取り、霊にまく者は、霊から永遠のいのちを刈り取るであろう。

ガラテヤ人への手紙6章7~8節

 この世でも、豆を植えると豆が出て、小豆を植えると小豆が出るという話をします。植えたとおり刈り取るということですね。植えたとおりに今日世界がこのような実情に置かれているのは、堕落した結果であるのです。
 

過去の礼拝のみ言


教会行事案内
天一国月曜礼拝
日時:11月29日(月)開会:10:00
場所:大聖殿、インターネット中継