教区長挨拶

鄭 東 洙 教区長(チョン・ドンスウ)/ JEONG DONG SU

鄭 東 洙 教区長(チョン・ドンスウ)/ JEONG DONG SU

 皆様こんにちは!世界平和統一家庭連合 八王子家庭教会のサイトへようこそお越しくださいました。
 八王子家庭教会では、文鮮明先生の教えであります、統一原理、及び、天一国経典のみ言を中心に、真の愛を実現すべく、理想家庭による理想世界の実現を目指して活動しております。
 特に「One world under God」の精神で、全ての人種、国家、民族、宗教を超えて、全人類が神の下に一つの世界になる事を願っています。
 世界、国家、民族、家庭に至るまで多くの課題を抱えていますが、その問題に真正面から向かって必ず善の世界は実現すると確信しながら歩んでいます。
 八王子市は、東京都の西に位置し、多摩地域最大の都市であると共に、23の大学等がある全国有数の学園都市でもあります。駅前の開発も進み、どんどん発展しています。これからも皆様と一つになり、よりよい世界、国、地域づくりに全力で協力して参りたいと思っています。
 皆様、ぜひ教会においで下さい。いつでも歓迎いたします。
世界平和統一家庭連合 八王子家庭教会 教区長 鄭 東 洙

八王子家庭教会 沿革

1967年
真の父母様ご家庭が7月1日、五日市(現在のあきる野市)に来られました。
菅沼製作所を見学し、城山に登られ、み言を語られました。
夕食を済まされた後、真のお父様は記念の揮毫を下さいました。
最初の1枚には「精誠」の二文字をお書きになり、2枚目には「忠孝之源誠心誠意」の八文字を書いて下さいました。
1974年
八王子開拓伝道が始まりました。当初、八王子市子安町に伝道所があり、教会として場所を設けるところがなく、ホームチャーチ(家庭教会)から出発しました。
最寄りの教会は三鷹市にあり、そこで礼拝が行われ、多くの青年が涙で祈祷し精誠を捧げていきました。
その後、三鷹から府中の教会で礼拝を行うようになりました。
1977年
八王子市元本郷町に移転。
1979年
八王子市元横山町の大義寺の前に移転。近所の人を呼んでは食口の家で集会や講義を行っていき、伝道が進んでいきました。
1981年
立川の北口と南口に初めて教育センターを設け、伝道がより活性化していきました。
1986年
12名の青年が、第七と呼ばれた地域、吉祥寺、池袋、武蔵野から開拓に来たのが出発。
1988年
立川に通っていた壮年、壮婦がこの地を開拓した青年と志を同じくする。
婦人の基盤が出来、立川から一気に八王子市、日野市・青梅市・昭島市へと拠点が広がっていきました。
1989年
12月22日に八王子教会が正式に出発しました。
初代教会長は小林育三教会長。
1991年
7月1日に家庭教会から公認教会として八王子市寺町に八王子教会を建てました
1998年
3月に360教域体制の出発と共に西東京教区八王子教会から多摩東京教区八王子教会になる。
2000年
八王子市明神町に教会を移転。
2002年
6月23日、八王子市明神町にて多摩東京の拠点となる教会が出発しました。
2011年
1月に西東京教区八王子教会になる。
2013年
3月1日に再度、多摩東京教区八王子教会になる。
2015年
8月30日、世界平和統一家庭連合 多摩東京教区 八王子家庭教会に名称変更。
2021年
8月8日、八王子の歴史が始まった子安町に八王子の聖殿が献堂されました。献堂式の様子はこちら
真のお父様が聖和なされてから、真のお母様は基元節を宣布なさり、死生決断、全力投球、実践躬行でVISION2020を勝利にみちびかれ、天一国安着時代を開いてくださいました。
永遠な光として来られました真のお母様と共に新しい時代と生命を創造する感激的な天一国安着時代において真のお母様は、祝福家庭を天一国の天寶家庭として入籍させてくださるという大きな恩賜を与えてくださいました。
祝福家庭は、真のお母様の復帰摂理を共に歩んでいる“み旨の道”の英雄です。
そして、その祝福家庭は、宝石よりも輝く純潔な心で同参された食口たちがいたからこそ可能でありました。
天の父母様聖会の時代を迎え、VISION2027年の摂理的な勝利に向かう神統一韓国と神統一世界のためにモデルとなる八王子家庭教会の聖殿献堂を迎え献身的な精誠を捧げてくださった食口たち、その名前は、天が永遠に記憶されるでしょう。

八王子家庭教会紹介映像

ギャラリー

家庭連合の紹介パンフレット

家庭連合の紹介パンフレット、チラシ

家庭連合の紹介パンフレット(PDF)