天一国月曜礼拝のみ言(陽暦2020年6月29日)

【 礼拝のみ言 】

天一国八年天暦5月9日(陽暦2020年6月29日)

説教タイトル:「 天一国国民の40日精誠 」
説教者:鄭東洙 教区長
 
礼拝のみ言全文は会員ページよりご覧ください。
<御言葉の訓読>
 アブラハムは言った、「わが主よ、どうかお怒りにならぬよう。わたしはいま一度申します、もしそこに十人いたら」。主は言われた、「わたしはその十人のために滅ぼさないであろう」。

聖書創世記18章32節

 アブラハムを見てみましょう。アブラハムは、偶像商の息子です。豊かな生活をしているアブラハムに神様は、「おい、アブラハム、お前の家から出てこい」と命令されました。するとアブラハムは文句を言うこともなく、どこに行けば豊かに暮らせるという保証も受けずに、自分が住んでいるカルデアのウルを、すべて捨てて去ったのです。それで、どうなったのかといえば、国境を越えるジプシーとなったのです。
 神様が出てこいと言われれば、出ていくのです。出てきたあとには、どんな困難なことがあっても、出てきたことを後悔したり、神様に対して恨んだりしてはいけないのです。恨みをもてば、再び堕落したアダムと同じ立場に帰ってしまうのです。
 アブラハムはアダムより、もっと絶対的に神様を信じなければなりません。そして、神様と一つにならなければならないのです。そうしてこそ神様の愛を受けるようになるのです。アブラハムは、神様がどんなに引っ張り回しても、恨むことなく感謝する心をもっていったので、神様も彼を愛され、彼に、「お前の子孫は、天の星のように、地の砂つぶのように繁栄するであろう」と、祝福してくださったのです。

牧会者の道

過去の礼拝のみ言


教会行事案内
天一国月曜礼拝
日時:7月6日(月)開会:10:00
場所:礼拝堂、インターネット中継