天一国月曜礼拝のみ言(陽暦2020年5月25日)

【 礼拝のみ言 】

天一国八年天暦閏4月3日(陽暦2020年5月25日)

説教タイトル:「 天宙的分岐点 」
説教者:綱川浩司 副教会長
 
<御言葉の訓読>
  「誰もが、私の成そうとすることを『できない』と言い、信じることができませんでした。アフリカのことだけを見てもそうでした。『どうして何の基盤もないイスラム国家のセネガルを選ぶのですか』と、皆がやめさせようとしました」
「お父様の聖和以後、まるで荒漠とした砂漠に砂嵐が吹き荒れて目を開くことのできない環境の中で、私一人で小さな針ひとつを探し出しました」

2019年1月天一国指導者総会で真のお母様が激励

  私がすべきことは天の父母様に侍り暮らすべき天一国の民が、どのようにして侍り暮らさなければならないかを見せてあげなければならないのです。それで真のお父様の聖和後に私が天苑宮をつくると話した時、その準備がすぐに実施できませんでした。この世的な、人間的な、さまざまな障害物が多くありました。しかしいま決めました。2023年にこの美しい季節に天苑宮、特に天の父母様に侍ることのできる聖殿である『天一聖殿(慘|ヌ1チネ)』を奉献して差し上げようと思います。
 私は政界、宗教界、財界、思想界、言うまでもなくすべての人たちが一つの旗の下に集まることのできる『天の父母様聖会』として発表します。英語で言えば ‘Heavenly Parent Holy Community’です。
 私は世界本部を強化します。これからすべての指示を、世界本部を通して行います。今までもそのようにしてきましたが、国家を相手にしてもそのようにします。それで世界本部の本部長として尹Pq鎬を任命します。今まで皆さんが多くを理解できずに口うるさくしていたことも知っています。しかし信じられないことを話した時に信じた人です。皆さんは全員違うと言いましたが、彼は信じました。

2020年5月天地人真の父母様天宙聖婚60周年記念特別集会

過去の礼拝のみ言


教会行事案内
孝情奉献礼式
日時:6月1日(月)開会:10:00
場所:インターネット中継