天一国日曜礼拝のみ言(陽暦2022年2月27日)

【 礼拝のみ言 】

天一国十年天暦1月27日(陽暦2022年2月27日)

説教タイトル:「 ウクライナの事態と北東アジア韓半島の平和は 」
説教者:鄭 東洙 教区長
 おはようございます。今日のみ言を準備しながら、私の心に、現在、全世界的に困難な状況の中で、特に世界の人々の一番の関心であるウクライナの問題に対しては非常に多くの人たちが心配している今の状況の中で、ウクライナの安静とウクライナにいる食口たちが約300名いるということも聞きました。その食口のために多くの食口たちが祈祷と精誠を早くウクライナが安静にして行けるように精誠を込めて一週間過ごしていただきたいなと思います。真のお母様は、どの時よりもこの事態を見ながら、心配と涙で時間を過ごしておられるという話を聞かせていただきました。真のお母様のその心情を我々が相続して、お母様の今の心配さを少しでも減らしてあげるように食口皆様の精誠と祈祷が大変重要なこの時期ではないかと思います。
み言全文は会員ページよりご覧ください。
<御言葉の訓読>
 天を父母として侍る子女として資格を備えなければ

 この韓民族もまたそうです。一つの文化と一つの血統、伝統を持つこの民族が、なぜ南 北に分かれたのでしょうか? 地球星で唯一で最後の分断国家です。この国が統一されてこそ、東ヨーロッパの平和と北東アジアの平和があるようになるのです。分かりますか。今日、私たちは真の父母を通じて天の父母様に侍る子女となり、天倫で繋がれていることを知らなければなりません。
 私は言いましたね。この民族はもちろん、世界すべての国々が天を父母として侍る位置に立ってこそ、真なる世界平和が成就し、自由、平等、平和、統一の幸福なる、天の父母様を中心とした人類一家族の世界が成し遂げられます。そのような点から、私は真の父母として、南と北の民たちに願います。私と一つとなり、南と北が兄弟となる位置において、真なる韓半島統一が成され、世界のすべての人類が天の父母様の息子娘として生きる平和統一世界が私たちの時代に成就できるのです。
 今まで無知な人間によって、この美しい地球が荒廃してしまいました。ますます深刻になっています。気候変動と海水面の上昇、特に天災地変が起きています。昨年だけでも、北米大陸においてとてつもない山火事と竜巻、暴雨によって、どれだけ多くの財産被害と人命被害があったでしょうか? 中国はどうでしたか、アジアはどうでしたか? すべての大陸において言葉にできないほどの財産被害と人命被害がありました。そしてこの2年余りの間、コロナパンデミックによって多くの生命が失われました。これからどのような変異が発生し、さらに大きな困難が生じるかもしれないのが現実です。このすべてのものが人間の過ちによって引き起こされました。いまや天の父母様に侍る子女の立場で、今まで親不孝をした子供でしたが、父母様の夢を地上で成して差し上げるべき子供として、どうして傍観することができるでしょうか? 一つひとつ、世界すべての人類が一つとなり、本然の姿に戻すことができるよう責任を果たさなければなりません。
 きょう世界において、またこの場に来られて皆さまは素晴らしいメッセージをたくさん語ってくださいました。すべてその願いが叶うことを祈りながら、成就できると信じています。そうです。叶えられます。問題は、私たちが正しく天を父母として侍る子女としての資格を備えることです。
 私は未来のこの地球と人類を担当して行く未来の後孫、孫たちに夢を植えてあげています。私たちがひとつとなり、この地球上を地上天国としてつくって、天の父母様に侍って暮らす地上生活とはどのようなものでしょうか? 創造主は天地万物を創造されて、その次に人間始祖を創造され、万物を主管しなさいと言われました。堕落していない万物世界は、創造原則の循環法則によって、継続してその種を維持しています。しかし問題は、これも人間によって多くが破壊されています。

韓半島平和サミット 真のお母様 特別演説のみ言
天一国 10年天暦 1月 13日(陽.2022.2.13)

 

過去の礼拝のみ言


教会行事案内
天一国日曜礼拝
日時:3月6日(日)開会:10:00
場所:大聖殿、インターネット中継