天一国日曜礼拝のみ言(陽暦2021年7月11日)

【 礼拝のみ言 】

天一国九年天暦6月2日(陽暦2021年7月11日)

説教タイトル:「 天は中心を立てて摂理される 」
説教者:綱川 浩司 副教会長
 
<御言葉の訓読>
 先生に中心の根、中心の幹、中心の芽が連結されています。それを個人的に、家庭的に主流にして、中心の枝、中心の根、中心の幹、中心の芽がすべて一貫して流れになっています。生きているというのです。再臨復活をしたのです。枝として再臨主に連結すれば、すべて生きるようになります。こうすることによって、アダム家庭から世界基準まで、一度に復活した立場に立つというのです。数万年の間に繁殖したものを数年間で接ぎ木して完成させるので、地上の個人天国から家庭天国、天上天国まで、一度にすべて完成することができるのです。

天聖経再臨復活と神霊の役事

 

過去の礼拝のみ言


教会行事案内
希望前進大会(中継予定)天一国日曜礼拝
日時:7月18日(日)開会:10:00
場所:礼拝堂、インターネット中継