天一国日曜礼拝のみ言(陽暦2021年4月18日)

【 礼拝のみ言 】

天一国九年天暦3月7日(陽暦2021年4月18日)

説教タイトル:「 天寶43実勢化50日路程 」
説教者:鄭 東洙 教区長
 おはようございます。お久し振りでございます。もうコロナでお会いすることができないので、毎回映像で拝見するんですね。画面を見ながら嬉しいですか。直接会わないと嬉しくないんですね。早くコロナが収束できれば嬉しいと思いますけれども、感染拡大で全体的に非常に警戒をしながら、皆様も過ごしておられると思います。より全国的に今感染者は増えている状況でありますので、対応をきちんとしながら、毎日過ごしていけたらいいかなと思います。
礼拝のみ言全文は会員ページよりご覧ください。

礼拝後、天の父母様聖会 『神統一世界安着のための 神日本第4地区希望前進礼拝』をインターネット中継で視聴しました。

<御言葉の訓読>
 皆さんは天の祝福を受けました。皆さんによって先祖も解怨を受けました。皆さんの氏族が生まれました。それで終わりではありません。
 すべての祝福家庭は天寶家庭としての入籍のために最善を尽くしてくださるよう願います。
 私が切実に話したでしょう。真の父母が地上にいる間に78億にもなる人類のうち3分の1でも天の父母様が父母であることを知り、侍る天一国の民にならなければならないと。
 そのためには皆さんが責任を果たさなければいけません。
 43家庭を勝利できなかった牧会者には私が時間をあげます。100日以内に必ずやる遂げると決意する皆さんになりますか。もはや返事だけではいけません。必ずやらなければなりません。そうしてこそこの国を動かすことができます。
 愛する神日本の祝福家庭、指導者、食口の皆さんとても愛しています。お父様は、日本が母の国エバ国家としての使命を果たすに当たって、オキナグサのような精神で変わることなく、天に対して忠誠を尽くして進んでいくことを願い日本に向けてオキナグサの歌を下さったのだと私は記憶しています。日本の責任が重要です。私が共に成せば奇跡を起こせると示すことのできる日本の為政者と祝福家庭になることを祝願いたします。

神日本家庭連合第1地区100日路程中間出発式で流されたお母様のみ言

 

過去の礼拝のみ言


教会行事案内
天地人真の父母様天宙聖婚61周年記念孝情祝福祝祭
日時:4月25日(日)開会:10:00
場所:清心平和ワールドセンター、インターネット中継