天一国日曜礼拝のみ言(陽暦2020年7月5日)

【 礼拝のみ言 】

天一国八年天暦5月15日(陽暦2020年7月5日)

説教タイトル:「 恐れを超越する原理 」
説教者:鄭東洙 教区長
 
礼拝のみ言全文は会員ページよりご覧ください。
<御言葉の訓読>
 だから、何を食べようか、何を飲もうか、あるいは何を着ようかと言って思いわずらうな。これらのものはみな、異邦人が切に求めているものである。あなたがたの天の父は、これらのものが、ことごとくあなたがたに必要であることをご存知である。

聖書 マタイによる福音書6章 31 32 節

 皆様、今この時代は、天が“天暦”を宣布した時代です。深刻な時代です。65億人類の永生を責任持つ、天の印を持って来られた真の父母様の教えに従わなければ、生きる道がない時がやって来ました。皆様全員は、真の父母様の名を満天下に述べ伝え、誇り、称賛するべき時です。真の父母様が出現した韓民族の伝統と精神を尊敬し、伝授して、天の伝統を定立し、UNと65億人類が一つになって、世界平和を定着すべき時がきました。
 貴賓の皆様、それでは、今日の人類が行くべき道はどこにありますか?今も世界の至るところで戦争と疾病、飢餓、そして自然災害によって無辜(むこ)の人命が、毎年数千万人ずつ犠牲になっています。宗教、政治、教育、文化、思想など、どの分野を見渡してみても、個人はもちろん、集団にまで極度の利己主義的我執の沼にはまり、徹底して門を閉じ、鍵を閉めています。疎通のない不通の世界に転落してしまったのです。
 結局、人類の諸般の問題は、私達夫婦が天から受けて、一生の間、主唱して教育してきた“神様の下の一つの家族”思想、すなわち真の愛の教えによって解決せざるを得ません。この思想こそが、人類に平和と幸福の道を探し出してあげられる唯一の道なのです。
 皆様、今日、私達が生きているこの時代は、歴史的な大天宙的革命期です。歴史を変え、霊界と地上界を一つにして、神様が太初から願ってこられた理想天国を創建しなければならない大天宙的革命期です。これ以上、延期するとか延長する時間はありません。

天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会2011

過去の礼拝のみ言


教会行事案内
天一国日曜礼拝
日時:7月12日(日)開会:10:00
場所:礼拝堂、インターネット中継