天一国日曜礼拝のみ言(陽暦2020年3月8日)

【 礼拝のみ言 】

天一国八年天暦2月14日(陽暦2020年3月8日)

説教タイトル:「 断食と祈祷で真のお母様と一つにならなければならない  」
説教者:鄭東洙 教区長
  
<御言葉の訓読>
 今日の気候問題も、そうです。このまま放おっておけば、どうなるでしょうか? 地球の未来はありません。今からでも、創造主・天の父母様に侍って一つになり、そのお方の知恵を求めれば役事してくださることを知って、「あなたが創造された美しい地球を本然の状態にしてさしあげます。どのようにすれば、よろしいですか? 天の父母様が私たちに命じてくだされば、命じてくださったとおりにいたします」という運動が起こらなければならないでしょう。
 各国の問題も同様です。全ての国々(の国民)が天の父母様の子女になるならば、これ以上の戦争と葛藤はありえません。大小の国々がなくなります。私たちは今回のコロナウイルスを通して多くの教訓を得ています。人間を中心とした欲心を持っていれば、天は祝福されません。天の哀れみと愛を受けることのできる道は、創造主・天の父母様の前に導く独り娘・真の母と一つになる道しかないのです。

世界を生かす平和の国を成す主役となりましょう
WORLD SUMMIT 2020総会 真のお母様 基調演説のみ言

 全人類は今、真の父母を待っています。私たちは真の父母の愛と生命と血統を相続した真なる息子娘にならなければなりません。そのときだけ、この真なる幸福と永生の門が開くのです。

人類の涙をぬぐう平和の母


過去の礼拝のみ言


教会行事案内
天一国日曜礼拝
日時:3月15日(日)開会:10:00
場所:インターネット中継

 

コメントを残す