天一国日曜礼拝のみ言(陽暦2020年3月29日)

【 礼拝のみ言 】

天一国八年天暦3月6日(陽暦2020年3月29日)

説教タイトル:「 私は真の父母様によって幸せであるか?  」
説教者:鄭東洙 教区長
  世界でこのような困難を起こす時は初めてだろうと思います。一度も経験したことがない今の時を生きている私たちであります。教会でも今までどのようにすればいいかわからなかったわけであります。インターネット礼拝で、さらに家庭礼拝で、今まで慣れてない状況の中でどのようにすればわからない人たちも結構いる状況であります。今日のインターネット礼拝においてもどのようにしていけばいいか、ただ座って携帯電話を見ればいいか、服は正しく着て礼拝を捧げなければならないか、さらに家族全体が座って礼拝をしなきゃならないのか、でなければスマホで礼拝を見物する内容なのかわからない今の状況だと思います。
 このような部分に対して混乱している今の私たちの状況、この状況を見ると、今まで我々が家庭礼拝を捧げてきたならば全然問題がないと思いますけれども、慣れてない今の状況の中でどうすればいいかわからないことが現実であります。普段、誰が見ていなくても生活自体が礼拝になっている人々には、この期間、より一生懸命努力していけると思います。さらにコロナウイルスが収束した後、集まって礼拝することも恵みがあると思います。
礼拝のみ言全文は会員ページよりご覧ください。

 

<御言葉の訓読>
 イエスはこの群衆を見て、山に登られた。腰を下ろされると、弟子たちが近くに寄って来た。そこで、イエスは口を開き、教えられた。
(幸い)
「心の貧しい人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。
悲しむ人々は、幸いである、その人たちは慰められる。
柔和な人々は、幸いである、その人たちは地を受け継ぐ。
義に飢え渇く人々は、幸いである、その人たちは満たされる。
憐れみ深い人々は、幸いである、その人たちは憐れみを受ける。
心の清い人々は、幸いである、その人たちは神を見る。
平和を実現する人々は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる。
義のために迫害される人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。
わたしのためにののしられ、迫害され、身に覚えのないことであらゆる悪口を浴びせられるとき、あなたがたは幸いである。喜びなさい。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある。あなたがたより前の預言者たちも、同じように迫害されたのである。」

マタイによる福音書5章1~12節


過去の礼拝のみ言


教会行事案内
天一国日曜礼拝
日時:4月5日(日)開会:10:00
場所:インターネット中継

 

コメントを残す