天一国日曜礼拝のみ言(陽暦2019年12月15日)

【 礼拝のみ言 】

天一国七年天暦11月19日(陽暦2019年12月15日)

説教タイトル:「 2020年をどのように迎えますか?  」
説教者:鄭東洙 教区長
 お母様は2020VISION勝利のために犠牲的な歩みをしておられます。御聖体にムチを打って世界巡回をさています。
 11月23日に台湾大会に参加してたくさんの奇跡を見て帰ってきました。台湾教会は52年の歴史を持っています。面積は九州くらいで300家庭しかありません。1600名くらいの教勢であります。今回14400名を動員してお母様をお迎えして祝福式を行いました。
 250名の町長夫婦が参加しました。町長の動員が大変でありました。何度も断れながらも動員に奮闘されました。大会を行ってみると台湾に必要だとして来年にも行って欲しいとのことでした。副総統が天寶苑に行き説明を聞くとローマのバチカン以上だと、そして超宗教、超国家的活動に感動し興奮したそうです。そして副総統が知っている指導者を同じコースでツアーを組んで欲しいということであります。
 今日は、2つの内容について考えていきたいと思います。まずは自分自身のアイデンティティを考えてほしいと思います。皆様は天の父母様の息子娘であります。天の父母様と真の御父母様の勝利圏を相続していかなければなりません。マタイ福音書8章をみると、百卒長の話があります。自分の部下が大変な病を持っていてイエス様に出会えば治ると思いました。しかし百卒長は自分の家にイエス様を迎える資格がないので、ただこの場で話だけしてくれれば重病をもった部下が治ると思い伝えました。結論的にマタイ福音書8章13節をみると、イエス様は百卒長にあなたが信じたとおりになると言われました。
 今の時代はどう信じるかで変わる時代になりました。ヘブライ書11章3節を見るとこの世は神様が創られた創造の世界であります。従って、見えるものは、現れているものから出てきたのではありません。我々の考えから出てきたものではありません。神様から出てきたものですから目に見えない世界が目に見えるものを主管しているということです。
 皆様は奇跡が起きないということを確信していないでしょうか。我々が生きている現実が重要であると考えていませんでしょうか。現実をみれば不幸、壊れている状態かもしれません。それを見れば奇跡が起きないと思うかもしれません。目に見えない神様に対してわからない状態に陥って生きているのです。
 我々がそのまま見ているのが現実ではありません。皆さん核をもっています。皆さんが脳に入ってくる情報を投影して見ています。ですから人によって見方が違います。それは自分の心の中にあるものを見ているからです。自分だけの現実をつくってしまっています。大変、問題、厳しいというのは自分がつくっている現実であります。
 マルコ11章23節に心を疑わないで信じるならば、その通りになると書かれています。イエス様は百卒長にあなたが言ったとおりになると言ったように、我々の心のなかに信じたとおりになっていくということであります。
 そのような生活をしていく度に変化していきます。そのようなみ言を聞いて家に帰っても現実があります。その現実をみて疑いの心が生じてしまいます。家は問題だらけなんだと。天の父母様の息子娘ならば訓練が必要です。皆様が毎日毎日耕して大丈夫、可能性があると信じていく訓練が必要であります。
 皆様が祈祷している時間が重要でありますが、祈祷以外の時間も重要であります。祈祷していなときの心はどうなっていますでしょうか。祈祷内容と生活が違ったらどうでしょうか。祈祷と行動が違えば嘘です。神様の奇跡は神様の権限であります。神様にお願いすることはできません。神様に言える立場ではないのです。神様の前にどう行動するかが大切です。天の父母様の考えと違う言動があるならは悔い改めなければなりません。
 ヤコブ書に言葉がとれほど重要であるかが書かれています。考えがどれほど重要であるかが書かれています。ヤコブ書3章に言葉で人生をつくっている我々であります。我々は神様の民です。我々は神様の息子娘であります。そのような心で私たちが活動しなければなりません。神様の霊で生きている人たちが神様の奇跡を体験する人々になります。
 2020年度を迎えるその年は驚くべき天運と驚くべき役事の時代だと感じるわけであります。我々の生活がどのような生活をし、どのような考えをもって歩むか明確にならなければなりません。
 2020年天一国が安着され、真の御父母様の勝利圏がこの地上に充満され、霊界と地上界が一致しているこの時代圏、考えられない時代に生きている私たちがどのような姿勢を持って生きていかなければならないかを天が教えられる今のこの時間でもあります。
 真の御父母様の息子娘として生まれ変わるための重要な時期であります。天の父母様の霊で生きる皆様にならなければなりません。現実を見れば見るほど何も変わっていないのでより苦しくなると思います。ですから神様の霊で生きるように努力しなければなりません。
 麗水40日修錬会がありました。食糧問題の70%を海洋から解決しようとしました。歴史を解決するために御父母様が祝福して下さいました。我々は明確な人生を生きていかなければなりません。皆様誰でしょうか?2020年度を迎える皆様は祝福を受けている皆様であります。
 2つ目は喜びと感謝の生活をしていますでしょうかということです。心から喜びと感謝が湧いてこなければなりません。天一国時代に生きている皆様は勝利しているように、希望的に生きていかなければなりません。真の御父母様からの最高のプレゼントが神氏族メシヤであります。黄金時代であります。喜びと感謝で生きる皆様になって頂けたらと思います。
 
<御言葉の訓読>
 「真のお母様が、今回の天宙的カナン40 日路程を準備され、去るサントメ・プリンシペの国家の復帰典型路程を足場として国家単位を超え、大陸単位の復帰の典型路程を今回のニジェール大陸単位サミット(祝福式)と南アフリカ共和国の大陸単位祝福式を通して達成しようと挑戦されました。その偉大な挑戦は、偉大な勝利として結実しました。それゆえに今や国家単位復帰路程は、真のお母様が相続してくださった典型路程に従って、真のご家庭と私たち指導者が、心を一つにして奉献して差し上げなければならない責任です。
 この勝利的路程を歩まれるために、真のお母様は筆舌に尽くしがたい御聖体に無理を強いる路程を歩まれました。「足が腫れ、口の中が爛れ、立っていることさえできない」程度ではなく、誠に言うに言えない御聖体の痛みを乗り越えられて、今回の巡回路程を歩まれました。今、少しでも肉体的休息を通して、御聖体の健やかさを回復なさらなければならないほどに、真のお母様は無理に無理を重ねられました。

真のお母様神世界安着のための世界巡回書信

 

過去の礼拝のみ言


教会行事案内
クリスマスファミリーフェスティバル
日時:12月22日(日)開会:10:00
場所:八王子市南大沢文化会館(主ホール)

2019年12月度『孝情清平2日修錬会』の日程 

日程 (陽暦) 帰国日 備考:
毎週1代~430代
先祖解怨式
1週 【2019年12月7日(土)~12月8日(日)】 12/8(月) 修錬会
霊肉界約婚修錬会
2週 【2019年12月13日(金)~12月14日(土)】 12/15(日) 修錬会
3週 【2019年12月21日(土)~12月22日(日)】 12/23(月) 修錬会
1~430代先祖祝福式
4週 【2019年12月27日(金)~12月28日(土)】 12/29(日) 修錬会
1~430代先祖祝福式

 

2019年度 清平修錬会の年間日程案内

 

コメントを残す