「文鮮明先生自叙伝書写会」開催(陽暦2019年1月21日)

【文鮮明先生自叙伝書写会】

天一国六年天暦12月16日(陽暦2019年1月21日(月))

八王子家庭教会礼拝堂(山善ビル4階)にて文鮮明先生自叙伝書写会を開催しました。エンターテイメント、全国の書写の証しがあり、西東京の杉並で行われた書写会での証し映像を視聴しました。証しは、七夕で書写で祈願した内容が成就し、家族が円満になったという内容でした。
今月のみ言「夢を持って志を立てる」を全体で唱和し、柳井克友先生の講話になりました。講話は、ご自身の生涯を語られ、以前思い描いていた夢と現在持っている夢の相異について語られ、み言の大切さを訴えられました。
全体で書写の実践をした後、「愛の架け橋」を讃美し、閉会しました。

 

【 福の中で最も貴い福は、神の愛 】

 私は今も世界を飛び回っています。一日も休む時間がありません。世界はまるで生きている生物のように絶えず変化し、問題を引き起こします。私は、そのような問題のある、暗くて奥まった所を訪ねて回ります。
 私が訪ねていく所は、景色がよくて楽な所ではありませんが、私は暗くて、大変で、孤独な所で幸福を感じます。
 私は、皆さんの国から本当の意味のグローバルリーダーが出てくることを願います。国連を導いていく政治リーダーが出てくることを願い、紛争地域の争いを防いでくれる外交リーダーが出てくることを願います。
 道端を俳徊して死んでいく貧しい人たちの世話をするマザー・テレサのような救いのリーダーが出てくることを願います。また、私のように、人々が顧みることのない土地と海を開拓し、新しい世界を広げていく平和のリーダーが出てくることを願います。
 夢を持って志を立てることがそのスタートです。冒険心と開拓精神を持って、人が夢見ることのできないような夢を持ち、意味のある志を立てて、人類のためのグローバルリーダーとなることを切に願うものです。(自叙伝 p335)

 

   過去の自叙伝書写会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください