【礼拝のみ言】

天一国二年天暦6月24日(陽暦2014年7月20日)

説教タイトル:「 蕩減は未来を約束する 」
説教者:入山聖基教会長
 神様の摂理歴史は、蕩減を経なければ発展がありません。蕩減は悪いことばかりではないのです。未来を約束してくれるからです。蕩減復帰摂理は、簡単に完成するものではなく、段階的に蕩減を払っていかなければ、発展していかないというのです。歴史始まって以来、その当代において「すべて成し遂げた。神様を解放してさしあげ、私は完成、完結、完了した。今から摂理歴史は新しく出発する」と宣布して天命を完遂された方が、この世の中にいたでしょうか。皆さんは今、摂理の中心に立っています。祝福された位置だというのです。

新天聖経 第12篇 天一国 第四章 より