【礼拝のみ言】

天一国二年天暦5月11日(陽暦2014年6月8日)

説教タイトル:「 悔い改めよう、天国は開かれた 」
説教者:入山聖基教会長
世界を本当に愛するには、先に人を愛さなければなりません。人を本当に愛するには、自分の相対を本当に愛さなければなりません。男性は女性を愛し、女性は男性を愛さなければなりません。それが夫婦です。夫婦になった人たちは、自分の相対を愛する心をもって世界を愛さなければなりません。
言い換えれば、女性は自分の相対を愛する気持ちで世界の男性を愛し、また自分が男性から愛される価値のある存在であることを知って、世界の女性を自分と同じ価値のある存在として愛さなければなりません。男性も同じです。世界の女性たちを自分の妻のように貴い女性として愛し、また世界の男性を、妻が愛する自分と同じ立場に立てて愛さなければなりません。
愛の道は、このようにたどっていかなければならないのです。漠然としていてはいけません。ですから、家庭は国家形成の基準になります。いくら大きな世界を形成するとしても、家庭が基準になります。このような立場で、今日、統一教会は天宙主義を叫ぶのです。天の家庭主義だというのです。天宙、天の家だというのです。

新天聖経 第5篇 真の家庭 第四章 より