【礼拝のみ言】

天一国二年天暦5月18日(陽暦2014年6月15日)

説教タイトル:「 原理の力と愛の力 」
説教者:入山聖基教会長
「統一原理」は、人間が神様の息子、娘になる原理です。神様の忠臣、烈女、神様の孝子孝女になろうという原理でもあります。本心を持った人間は、誰でもイエス様の兄と姉にならなければならず、弟と妹にならなければならず、神様のみ前に忠男忠女、孝男孝女にならなければなりません。このような統一教会の原理は、過去にもなく、これからの未来にもない、一つしかない原理です。このような面で、誇りを持つにふさわしいものです。
歴史的な数多くの宗教の道主たちと闘って、神様の公認を受けた原理です。遠くない未来に、統一教会が世界を動かすときが来るでしょう。この大韓民国が問題ではありません。「統一原理」は、より偉大な真理、より偉大な思想、より偉大なみ旨、より偉大な生活観、より偉大な行動観として、万民が従うべき歴史と、時代と、未来の結果体なのです。

新天聖経 第8篇 信仰生活と修練 第三章 より