【礼拝のみ言】

天一国元年天暦10月1日(陽暦2013年11月3日)

説教タイトル:「 我々は一つだ 」
 我々の教会を統一教会と言うでしょう?「統一教会」、この言葉は本当にいいです。統一教会が統一されるならば、何がなければなりませんか。「統一できる真理がなければ」という人もいるでしょう。真理があっても統一できる情緒的な内容がなければそれまでです。問題はこれです。
 宗教人は宗教人同士、互いを和合させることができる真理があっても、そこに和合させることができる情がなければなりません。お互いが会わなければならず、お互いが見なければならず、あなたでなければ私がだめで、私でなければあなたがだめだという情緒的な内容がなければなりません。ところがお互いがかみ合って互いに(自分の方が)優れているとひたすら言い争ってはならないというのです。
 互いに優れていると言い張って一つになることができますか。お母さんは、お母さんが優れているといい、お父さんは、お父さんが優れているというならば一つになることができますか。なれないでしょう。 それでは統一できる方法は何でしょうか。互いに愛することです。

「神様の摂理から見た南北統一」より