【礼拝のみ言】

天一国元年天暦12月5日(陽暦2013年1月5日)

説教タイトル:「創造主 天の父母様に似た真の愛を実践する天一国の主人となろう!」
 私たちの肉身による生活は長くても100年くらいでしょう。地上生活は、創造主であられる本来の主人、天の父母様の所有物をお借りして生きているのが現実です。私たちは所有権を主張できないということです。借りている立場であり、よく使用しながら生き、天が願う姿で天の前にお返ししてこそ、あの世で永遠の自由と平和と幸福を享受できることを実感できなければなりません。
 そのような生涯を生きるために、私たちはどのようにしなければなりませんか。立ち上がらなければなりません。走って出ていかなければなりません。飛んでいくことができるなら、そのほうがもっと良いのです。
 私たちに残された時間は多くありません。私たちが地上で天のみ旨を成してさしあげ、天の父母様に『ありがとう』、『誇らしい私の息子であり、娘だな…』とおっしゃっていただけるようにならなければなりません。天の願いであり、人類の望みを成してさしあげるその日のために、みな一緒に力強く勇進しましょう!
2013 天一国元年世界指導者前進大会でのみ言 より