天一国月曜礼拝のみ言(陽暦2019年6月10日)

【 礼拝のみ言 】

天一国七年天暦5月8日(陽暦2019年6月10日)

説教タイトル:「 生活原理5 」
説教者:鄭東洙 教区長
 南アフリカで10万人祝福式が行われました。ハデベ預言者がお母様をお迎えしたいと1年間準備して行われました。ヨハネスブルグのオーランドスタジアムがいっぱいでした。ハデベ預言者がお母様を証しされて、お母様が登壇され、祝福式が執り行われました。ハデベ預言者は、来年は20万人祝福式を行うと約束されました。義人を通して一番先に国が復帰されようとしています。『あとのものが先になり、先の者があとになる』とお母様が言っておられますね。
 昨日の梶栗事務総長の講話を受けて神氏族メシヤに向けて出発すべきですね。神氏族メシヤに向かっていけば様々な問題が解決できます。夫婦関係、親子関係、健康の問題、罪の問題など様々な問題を解決する天が与えた祝福です。歴史を精算し未来を切り開く道が神氏族メシヤです。関心を持っていけばいろんな知恵が与えられます。
 神様とどのように心情一体化するかということを話していきたいと思います。御父母様のみ言が600巻くらいあります。お父様の生涯路程の6巻の本があります。それを見ると、御父母様の神様との関係性がわかります。御父母様の生涯路程は典型路程であり、我々が行く道であります。真理を悟った方はいますが、お父様は聖人の次元ではなく神の心情に触れた方です。天の前に孝子、孝女をつくろうとしています。皆様もその御父母様の心情の世界を悟らなければ孝子、孝女の道がわかりません。御父母様は、孝子、孝女をつくっていくために努力してこられました。
 「栄光の王冠」の詩がありますね。その内容が凄いですね。16歳でつくった詩です。2002年、米国で開催された国際詩人協会会議で、最優秀作品に選ばれました。
 お父様の心情は神様の心情と共感しました。お父様はなぜ16歳までにそのような心情になったのでしょうか。お父様は愛することしかしません。お父様は、自然から様々なことを学びました。幼少の頃、自然とふれあいながら過ごしていました。鵲(カササギ)の巣を見て、万物は自然のことを知っているとわかりました。自然に対する関心が深いのです。お父様の友達が、朝ごはんを食べないで来たら、その友達の家に米がなかったということです。それでお父様は、自分の弁当を友達にあげたのです。その友達がまたご飯を食べないで来たらどうしようかと眠れませんでした。おじいさんが眠った時に、倉の鍵をこっそり持出し、米を友達のところに4km歩いて届けてから安心して眠ったということです。心が痛むのです。お父様の神様に対する心情が普通ではありませんでした。食口同士でもある人が生活している心の苦しみが伝わって来るようになります。それが食口の概念です。祝福家庭の概念です。
 お父様が11歳の頃から人生に対して悩みはじめました。何で人生のことで悩むのでしょうか。
可愛そうな人を見て過ぎ去りません。12歳頃、曾祖母のお墓を移動する時に、子供がいることはありえなかったのですが、お父様が12歳の時に見ていました。その時に、人間の骨をはじめて見ました。その時、苦悩しました。死んだらどのようになるのだろうかと悩みました。そして、親戚の家で様々なことが起きました。犬の腰が折れたり、豚が井戸に落ちて死んだりということでした。また、お父様の5人の兄弟が亡くなっていきました。友達が自殺しました。家族にも様々なことが起こり、家族がキリスト教の礼拝に行くキッカケになりました。
 その時、お父様は説教で神様が天地を創造したと聞いて驚きました。神様と話したいと思いました。お父様が15歳のときでした。そして16歳頃に神様に出会いました。その時、神様の悲しみ、苦しみがわかりました。そこで、神様の悲しみを解決してあげたいと決意をしました。その決意がメシヤに成るキッカケです。なぜ出会った神様が悲しんでおられるのか。
 聖書を見ると、創造が終わるたびごとに“良し”とされました。神様の喜びでした。ですからアダムとエバが堕落したときの神様の悲しみはどれほどでしょうか。お父様は神様の心情が破れるくらいだと表現しています。心が爆発するほどだということです。アダムとエバの心情の水準は凄かったのです。神様がわかっていました。そのような人でも堕落したのです。
 お父様は復活祭の時、16歳の時にイエス様から使命を託されたのです。その時のイエス様の顔がはっきり見え、はっきりその声を聞いたと言われています。曖昧な表現ではありませんでした。その場は胸が張り付くような恐れを感じ、その使命を受け継ぐことは容易でありませんでした。その場から逃げようとしてもイエス様が離さなかったそうです。不安と恐怖が襲ってきました。その時に書いた詩が栄光の王冠です。
 お父様はできると思ったが、やってみたら困難であった道でありました。しかし最後までその道を行かれました。お父様は、悩まなければ原理の価値はわからないと言われました。み言の価値がわかりません。考えずに聞いても価値がわかりません。孝子、孝女になるためには、神様を求め身悶えしなければいけません。皆さんが新しい時代を歩んでいるこのときです。真の御父母様に出会っているいま勝利的に歩んで欲しいと思います。
<御言葉の訓読>
 お父様! きようを期して、「神様祝 福永遠宣布式」(「勝利」は2000年に加えられた)をすることにより、摂理史を代表してきたすべてのこと、天が立ててきたすべての条件を清算し、勝利と解放と栄光の日を自ら祝うに至ったことを、感謝申し上げます。
氏族的メシヤの使命を果たさなければ、その家庭とその国を連結させることができないという摂理史の全体的み旨を思うとき、既に氏族的メシヤを宣布し得る日となりました。この時間、真の父母の一族を宣布できるこの日を えさせてくださったことに感謝いたします。

一九九一年の神様祝福永遠宣布式のお祈りの一部

過去の礼拝のみ言

 

教会行事案内
天一国一般礼拝
日時:6月16日(日)開会:10:00
場所:礼拝堂(山善ビル4階)

 

2019年6月度『孝情清平2日修錬会』の日程 

 
日程 (陽暦) 帰国日 備考:
毎週1代~430代
先祖解怨式
1週 【2019年6月1日(土)~6月2日(日)】 6/3(月) 修錬会
霊肉界家庭出発修錬会
2週 【2019年6月7日(金)~6月8日(土)】 6/9(日) 修錬会
3週 【2019年6月15日(土)~6月16日(日)】 6/17(月) 修錬会
1~378代先祖祝福式
4週 【2019年6月21日(金)~6月22日(土)】 6/23(日) 修錬会
霊肉界家庭出発修錬会
5週 【2019年6月29日(土)~6月30日(日)】 7/1(月) 修錬会

2019年度 清平修錬会の年間日程案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください