【礼拝のみ言】

天一国二年天暦12月7日(陽暦2015年1月26日)

説教の前に週刊ブリーフィングの映像上映がありました。
説教タイトル:「 神氏族メシヤとペンテコステ 」
説教者:山本文登教区長
 家庭教会は、第一に、子女たちが失敗したことを代わりに蕩減してきた父母様の世界的蕩減路程を相続するためのものです。第二に、イエス様が失ってしまった氏族的メシヤ圏を蕩減することによって、氏族的メシヤ圏から国家、世界まで行くためのものです。この二つを蕩減しなければ行くことができないのです。これを解決するためには、不可避的に家庭教会を経なければなりません。そのようにしなければ、天国に行けません。
皆さんは、家庭教会を通して血と汗を流さなければならず、涙を流さなければならず、ひどい扱いも受けなければなりません。そうして、父母様が苦労した事情を知らなければなりません。今からは迫害がなくなるので、先を争って統一教会の原理を知ろうとするのです。先生の願いは、それです。従ってくる子女たちに、苦労の道を残すことはしないのです。

「新天聖経 第9篇 家庭教会と氏族的メシヤ」より

【説 教】

おはようございます。昨日は、金滿辰地区長をお迎えして出発式を行い、神氏族メシヤ伝道団を結成しました。358名任命しましたが、430名まで頑張りましょう。そうすれば、ひとり1名伝道して430家庭になりますね。
全員が神氏族メシヤを勝利し、ペンテコステを起こしていく年にしていきましょう。ペンテコステは自動的に起こるわけではありません。私たちが起こす以外にありません。使徒行伝では1日に3000名が伝道されたとありますが、2000年前に負けないように天一国時代のペンテコステを起こしましょう。
また、十一条という精誠がありますね。十一条は収入の十分の一もそうですし、万物や時間もそうです。十一条生活は、十分の一を天に捧げる事で全てを捧げた精誠になります。一番公的な生活は伝道です。十一条である3時間を神様に捧げましょう。精誠を忘れないでいけば、爆発的な伝道が出来ます。
今年は伝道の天運があります。50周年という大きな節目です。50数というのはペンテコステの数ですからね。全食口、神氏族メシヤ伝道団として勝利していきましょう。
真の御父母様が430家庭の勝利を願われています。ネパール、韓国、タイとフィリピンで430家庭を勝利している家庭が出ています。日本ではなぜいないのですか。これだけ伝道活動しているのにと思います。祝福に対する理解でありますが、皆さん祝福はハードルが高いと思っていますね。イエス様が天国に行くのは、ラクダが針に通るくらい難しいと言っています。それをそのまま信じている方が多いようです。
真の御父母様は、全人類が真の御父母様を受け入れるようにと言っております。この様に全人類が祝福を受け入れられるように道が開かれています。430家庭は全人類を意味します。全人類には様々な方がいますね。ですから430家庭の中にも様々な方がいて良いのです。
2000年前、イエス様はどのように救いの道を切り開かれたでしょうか。ユダヤ教では、律法を守ってもアブラハムの懐までしかいきませんでした。アブラハムの懐というのは蘇生級です。行儀時代です。それが、イエス様によって救いの道が開かれました。イエス様によって長成級になり、パラダイスに入れるようになりました。信義時代です。そして、真の御父母様によって天国に入れるようになりました。侍義時代です。
イエス様が姦淫を犯したマグダラのマリヤに対して罰しようとする人々に対して「罪なき者からこの女を打て」と言った時、全ての人が去って行きました。マグダラのマリヤも石をぶつけようとした人も同じ罪人でした。そこに何の差があるでしょうか。十字架上でも右側の強盗がイエス様を信じてパラダイスにいきました。
今は真の御父母様を受け入れ侍れば天国にいけるという事です。以前は様々な条件の元でしか祝福を受ける事が出来ませんでした。しかし、今は真の御父母様を受け入れれば祝福が可能になりました。ですから、他の宗教の方はそのままで良いのです。真の御父母様を受け入れれば、祝福の道が開かれます。
ですから、祝福式の時に様々な宗教の方が来られますね。真の御父母様が様々な宗教の方を受け入れているのです。真の御父母様が全人類に祝福の道を開いてくださいました。
金日成主席に会われたのは、真のお父様が受け入れたから、金日成主席からも受け入れられるのです。また、ゴルバチョフにも会いに行かれました。真のお父様がゴルバチョフをまず受け入れたから、ゴルバチョフが真のお父様を受け入れました。これが真のお父様の伝道の秘訣です。まず、私たちが対外的なものを受け入れていく姿勢でいかなければ対外的なものからも受け入れられません。そこからペンテコステが起こります。
もう一つですが、私たちは2人なのです。真のお父様は、「先生は先生に侍っている」と言われました。文鮮明という個人が、真の父母様という位置に侍っているという事です。「私という個人が神氏族メシヤという位置に侍って行きましょう。」という事です。そういう姿勢が問われています。神様がその位置を与えて下さっているからです。
2015年大きな心を持って伝道勝利していきましょう。

ここに掲載されているのは、礼拝内容の一部です。
内容全体は、来教して礼拝映像を視聴しましょう。

過去の礼拝のみ言

天宙清平修錬苑2日修練会
・ 1月31日(土)~ 2月 1日(日)※土日修練会
・ 2月 7日(土)~ 2月 8日(日)霊肉界家庭出発修練会
・ 2月13日(金)~ 2月14日(土)※金土修練会
・ 2月21日(土)~ 2月22日(日)先祖祝福式