天一国日曜礼拝のみ言(陽暦2019年8月11日)

【 礼拝のみ言 】

天一国七年天暦7月11日(陽暦2019年8月11日)

説教タイトル:「 行くべき道は決まっているので、私はやります!(家族を伝道する道)

説教者:鄭東洙 教区長
 氏族メシヤ活動をしなければいけませんね。難しいと諦めていませんか。諦めそうになったとき、いつも神様が共におられ、真の御父母様が諦めない心情をもっているということを思い出さなければいけませんね。
一番難しい伝道は氏族伝道であります。氏族復帰のために神様が恩恵をくださります。家族や氏族から反対があったとしても、そこには意味があります。あきらめるのは霊的障害物があるからです。霊的障害物とは落胆することであります。サタンが役事しています。
イエス様のときもそうでした。イエス様の十字架のときに弟子たちが逃げていきました。ですから弟子たちはイエス様が復活したときにイエス様に会う自身がありませんでした。神様が恩恵を注ごうとしているときに弟子たちは神霊が下がっていために逃げていったのです。そのような弟子たちにイエス様は許し愛してあげました。しかし弟子たちはその恩恵がわからなかったのです。皆さんも神様が役事しているにも関わらず、それを重荷であると思って逃げていませんか。サタンがそうさせるのです。
信仰を一生懸命して様々な問題が起きていて心が重くこともあります。信仰の目的は何でしょうか。イエス様の弟子たちはイエス様を信じて行くことが目的であるのに、イエス様についていけば自分が成功し、幸せになることを目的としていたのです。ですから、イエス様が十字架に架けられたときに、自分もそうなるとして逃げていったのです。
お父様は真の御父母様を信仰して、知って、共に住む生活をしなさいと教えてくれました。信仰の目的が「自分の家庭が幸せになっていくことだ」と考えるならば不平不満になっていきます。真の御父母様を信じ侍っていくことが信仰の目的なのです。
神様を正しく信じることが伝道の道です。これが家族復帰と氏族復帰に繋がります。私が良く神様を信じていけば周囲の人も変わっていくのです。言葉で伝えることではありません。生き方を見せるということです。行動が変わらないといけません。
パウロ第一の手紙の3章3節には、信仰を持っている妻と夫を愛する妻を同じことであるという表現をしています。心を磨いていきなさいと書かれています。夫婦間で信仰の基準をもって生活していますでしょうか。神様に対する正しい信仰をもっていくことが大切です。氏族メシヤは自分の力でできるものではありません。神様の役事です。真の御父母様と共に歩んでいきましょう。
<御言葉の訓読>
 私自身もときには、前がまっ暗な障壁にあたる時が多かったのです。そのときごとに、“神様は死ななかった。”という、声が骨身に今まで残っていることをわからないのです。私を呼んでくださった神様の悲しい心情を、私は忘れなかったのです。神様が、“あなたは、私だけを中心としなければならない、私を忘れてはいけない”と言われたみ言を、忘れることができないのです。私自身が、哀れなことを感じれば感じるほど、私よりも、もっと哀れな方が神様であることを、再び感じるようになります。

(真のお父様,世界平和女性連合創立20周年記念式のみ言2012年3月4日大田コンベンションセンター)

過去の礼拝のみ言

 

教会行事案内
天一国日曜礼拝
日時:8月18日(日)開会:10:00
場所:礼拝堂(山善ビル4階)

 

2019年8月度『孝情清平2日修錬会』の日程 

日程 (陽暦) 帰国日 備考:
毎週1代~430代
先祖解怨式
1週 【2019年8月3日(土)~8月4日(日)】 8/5(月) 修錬会
2週 【2019年8月9日(金)~8月10日(土)】 8/11(日) 修錬会
3週 【2019年8月16日(金)~8月18日(日)】
「文鮮明天地人真の父母
天宙聖和7周年記念
孝情天寶特別大役事」
8/19(月) 修錬会
1~378代先祖祝福式
一世未婚霊人祝福式
4週 【2019年8月23日(金)~8月24日(土)】 8/25(日) 修錬会
5週 【2019年8月31日(土)~9月1日(日)】 9/2(月) 修錬会

2019年度 清平修錬会の年間日程案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください