天一国日曜礼拝のみ言(陽暦2019年6月30日)

【 礼拝のみ言 】

天一国七年天暦5月28日(陽暦2019年6月30日)

説教タイトル:「 南北統一の道 」
説教者:綱川浩司
<御言葉の訓読>
 南韓が神様を中心として一つになって、統一思想をもって完全武装するなら、北韓共産党は自動的に屈服するようになります。
 キリスト教が我々と一つになって統一思想で武装するようになれば、北韓の金日成は問題ありません。金日成を霊界で連れていくのです。
 一つの国家において政治も問題ですし、経済発展も大きな問題です。しかし最も大きな問題は思想的な武装をどのように行うかということです。どのような思想をもって武装するにしても、万民が願う最高の希望的な思想をもって武装させようとするのが統一思想です。
 この地に共産党とは、いったい何の話ですか。我々の統一理念をもって数十万の精兵が武装さえするなら、共産主義はあっという間に壊れていくようになっています。ですから今日我々に課された使命と、我々が行かなければならないこの路程に対する責任がいかに重いかということを知らなければなりません。
 内外の祝福家庭が一つとなり、我々と既成教会が一つになれば、大韓民国は簡単に復帰されるのです。そして60万国軍と250万郷土予備軍が統一思想で武装されるなら、金日成は問題ではありません。問題にならないというのです。このようになればアベル的な立場である統一教会とカイン的な立場である既成教会が一つとなって内的な基盤を成して、外的な立場にいる国家と一つになるのです。また大韓民国が内的な国家の立場になり、北韓が外的な立場になるのです。それゆえ問題は今からだというのです。
 我々は理論をもたなければなりません。世界観をもたなければなりません。その社会を批判することのできる正当な内容を身につけなければなりません。指導するに当たって正当な内容を備えなければなりません。統一思想の中には目的観が、世界観が、いかなる神学、いかなる思想体系よりも驚くほどよく確立されています。このようなことまで考える人がいないのです。
 ここでは世界のいかなる図書館においても探し出すことのできない、何十年、何百年研究しても分からないようなことを教えているのですが、これは小学校で博士課程を教える、そのような計画を立てるようなものなのです。これはどのような図書館でも探し出すことができません。そのようなものを皆さんが知っているというのです。
 だからこれによって武装されるなら共産党をも打ち捕らえ、民主世界の何とかいう哲学博士も答えることのできないことを我々は解釈し、彼らを指導できるというのです。結局なぜ反対するのですか。怖いから反対するのです。

神様の摂理から見た南北統一 統一思想で武装さえすれば南北統一は問題ない

 

過去の礼拝のみ言

 

教会行事案内
天一国日曜礼拝
日時:7月7日(日)開会:10:00
場所:礼拝堂(山善ビル4階)

 

2019年7月度『孝情清平2日修錬会』の日程 

日程 (陽暦) 帰国日 備考:
毎週1代~430代
先祖解怨式
1週 【2019年7月6日(土)~7月7日(日)】 7/8(月) 修錬会
2週 【2019年7月12日(金)~7月13日(土)】 7/14(日) 修錬会
霊肉界約婚修錬会
3週 【2019年7月20日(土)~7月21日(日)】 7/22(月) 修錬会
1~378代先祖祝福式
霊肉界祝福式
4週 【2019年7月26日(金)~7月27日(土)】 7/28(日) 修錬会
霊肉界約婚修錬会

2019年度 清平修錬会の年間日程案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください