【礼拝のみ言】

天一国二年天暦7月23日(陽暦2014年8月18日)

説教タイトル:「 真の愛と責任心情 」
説教者:山本文登教区長
 人間の中で円満な人とは、どのような人でしょうか。女性と毎日のようにけんかする人が円満な人ですか。円満な人は、東側に向かっても、西側に向かってもぶつかりません。頂上を押せば、へこんで他の所が出てくるとしても、自分自体は変わりません。宇宙は丸い形をしています。太陽も丸い形です。すべてのものが丸いのです。
 丸いものは、何を中心としているのでしょうか。自分一人では丸くなることはできません。相対的関係があってこそ丸くなることができます。このような関係的実体、関係的領域を集約させる一つの存在物として登場する世界は、円形圏を基盤とするようになっています。ここで、この円形をつくる母体が、調和の母体が、愛の作用なのです。

「新天聖経 第3章 真の愛 第一章」より