【 礼拝のみ言 】

天一国五年天暦11月28日(陽暦2018年1月14日)

説教タイトル:「 新しい出発 」
説教者:綱川浩司

一九八八年が終われば、一九八九年でしょう?そして、八九年三月は一年の運勢を中心として見ると八八年圏内に入ってくるのです。ですから、八八年は、韓国において我が民族が独立運動を叫んだ時(一九一九年の三・一運動)から七十年を迎えることになるのです。
そのような時代がやって来るので、その時の摂理史と一致する時代を迎えているのです。そのような事実を考えたとき、今は民族が運命的な立場に立って神様の摂理を再び受け入れることができる良い機会です。
このようなことを理解して、皆さんは覚醒し、現実基盤の上で信仰化運動を実践しなければなりません。
 「一九八八年が来れば、大韓民国に天運が訪れてくる」と話したのは四十数年前のことです。それは、今言った話ではありません。それで、天運は訪れてきたでしょうか、それとも訪れてこなかったでしょうか。(訪れてきました)。
この国でオリンピックとは、いったいどうしたことですか。ソ連と中共が韓国でスポーツ競技をするために、仕方なくひもを解いて入ってこなければならず、引っ掛かってこなければならないというのはいったいどうしたことですか。
それは、誰の成した業によってそのようになったのですか。大韓民国の成した業ですか。大韓民国が成した業ではありません。天運の成した業です。神様によるものです。
 今は、この国が統一教会の思想を受け入れなければならない段階に入ってきました。皆さんは、それが並大抵のことではないということを知らなければなりません。「統一思想」を理解し、教育を受けたいと思っているので指導層で問題になるのです。
そこで文教部(注:日本の文部省に当たる)を通じて、大学街で「統一思想」を教材として活用させるのです。それだけでなく、中学、高校、そして小学校にまでこれを示達して教育しなければならない段階に入っていけば、すべて終わるのです。
そこまで上がっていくということは、言葉は簡単ですが容易なことではありません。先生は、どん底から一人で上がってきました。最後は国家にまで影響を与えなければなりません。

「真の御父母様の生涯路程⑧p246.247 1988年祖国統一」より

過去の礼拝のみ言

教会行事案内
天一国神氏族メシヤ礼拝
日時:1月17日(水) 開始:21:00
会場:礼拝堂(山善ビル4階)
多摩東京教区2018年出発式
日時:1月21日(日) 開始:10:00
会場:礼拝堂(山善ビル4階)

2018年1月度『孝情清平2日修錬会』の日程

日程 (陽暦) 帰国日 備考:
毎週1代~210代
追加先祖解怨式
1週 【2018年1月6日(土)~1月7日(日)】 1/8(月) 修錬会
霊肉界家庭出発修錬会
2週 【2018年1月12日(金)~1月13日(土)】 1/14(日) 修錬会
霊肉界家庭出発修錬会
3週 【2018年1月20日(土)~1月21日(日)】 1/22(月) 修錬会
先祖祝福式
4週 【2018年1月26日(金)~1月27日(土)】 1/28(日) 修錬会

2018年度 清平修錬会の年間日程案内