【 礼拝のみ言 】

天一国五年天暦5月10日(陽暦2017年6月4日)

説教タイトル:「 天運と相続 」
説教者:綱川浩司
 こう見れば日本のメンバー、反省してみましょう。この一点から見て皆今まで、ず-つと先生に従ってやってきた。十年、二十年の月日が流れた。その過程において、自分を反省してみた場合に、先生は世界に向けての蕩減の基準を、蕩減の峠を、絶頂を、ヒマラヤよりも高い、歴史にない、誰も越えたことのないこの絶頂を越えるために、よじ登って行く。
現実において、日本から世界にロープをかけて上がっている。そこで、全部が苦労しながら足場を求め、爪を石に突き込めて、そして、できれば先生と共に縄を引っ張って、その縄を緩めてやるべきなのに、逆に引っ張ったことがないか?自分を中心としてブッブッ不平を言ったり、批判してどうだこうだ、韓国の先生だからそうだとか何とかいろいろ言う。もしも先生が韓国のことだけを考えたら、どうなっただろう。
 先生はもう霊界に連れていかれただろう。そういう者は世の中においても無用な者である。蕩減復帰、世界復帰、拡大整理したのちに再び帰ってきて、自分の子供とか、自分の家庭とか、自分の国を考えるようになるのが摂理観から見た神の道を行くべき者の本来の伝統的道なのに、自分を中心として、自分の家庭とか、自分の国とか考える。それを考えるようになった場合には、みんな世界はペチャンコになる。それを考えてみた場合、自分はどういう自分であったか、自分のことをよく知っている。自分で説明しなくてもいいよ。
 自分は果たして、神の前に面目を立たせる自分であったか。復帰の世界的開拓の道を先生が先頭きっているのに、自分はどういう基準において先生に向かい合ってきたか。冷静に批判して、今日の位置をはっきりきせないと、あすの勝利の基準は、はっきりした勝利は迎えられません。
国家的側面から見た場合に、日本の国がアダム国家に対応するエバ国家の位置にあったとするならば、先生に一瞬の疑い、一瞬のその悩み、一瞬の苦労をかけてはいけないという観念をもたなければならない。堕落したエバによって、歴史的伝統が犯きれたことを考えれば、その生涯の全体をかけて、世界を代表して、心情に一点でも傷をつけるような、そういう思いを残させるようなことをしてはいけないという立場に立つのが、エバ国日本の立場である。分かりました?(はい)。不平を言うな。そういう意味だ。文句言うな。完全否定。伝道してみ旨の最前線に立て。

「御旨と世界」より

過去の礼拝のみ言

教会行事案内
○霊界感謝還元祈願礼式
日時:6月5日(月) 開始:10:00
会場:礼拝堂(山善ビル4階)
天一国神氏族メシヤ礼拝
日時:6月7日(水) 開始:21:00
会場:礼拝堂(山善ビル4階)
幸福を招く自叙伝書写会
日時:6月10日(土) 開始:10:00
会場:八王子市学園都市センター(東急スクエア12階)イベントホール
天一国一般礼拝・夕拝
日時:6月11日(日) 開始:19:00
会場:集会室(東海ビル2階)

2017年6月度『孝情清平2日修錬会』の日程

日程 (上段:天暦 下段:陽暦) 帰国日 備考:
毎週1代~210代
追加先祖解怨式
1週 天暦5月9日(土)~天暦5月10日(日)
【2017年6月3日(土)~6月4日(日)】
6/5(月) 修錬会
2週 天暦5月15日(金)~天暦5月16日(土)
【2017年6月9日(金)~6月10日(土)】
6/11(日) 修錬会
霊肉界祝福家庭出発修錬会
3週 天暦5月23日(土)~天暦5月24日(日)
【2017年6月17日(土)~6月18日(日)】
6/19(月) 修錬会
先祖祝福式
一世未婚者霊人祝福式
4週 天暦5月29日(金)~天暦(閏)5月1日(土)
【2017年6月23日(金)~6月24日(土)】
6/25(日) 修錬会
霊肉界祝福家庭出発修錬会


2017年度 清平修錬会の年間日程案内