【 礼拝のみ言 】

天一国五年天暦11月14日(陽暦2017年12月31日)

説教タイトル:「 南北統一をしよう 」
説教者:綱川浩司

今回、皆さんは興進君の役事を見て、多くのことを学んだはずです。真の御父母様が命令をすれば、その命令のとおりに行動しなければなりません。そこには異議がありません。そのようなことを学んだはずです。興進様は、皆さんのために犠牲となっているお兄さんです。
弟たちを指導して福を受けさせ、よく導いてあげようとしているのです。サタン側の兄は、利用することだけを考え、たたきつぶして貧乏にしようとしますが、天の側の長子は皆さんが幸福に暮らすことができるよう、あらゆる犠牲を惜しまずにいるのです。そのようなエルダー・サン(elder son:長子)が皆さんの前に立ったということは驚くべき事実です。
 もちろん興進君が来て、皆さんを許す条件も立てましたが、すべてが許されたわけではありません。実践しなければなりません。八八年を中心としてきれいに整備しなければなりません。
自らの犯した罪の塀を壊し、「我、解放を受けて行かん」と言うことができる自らを取り戻していくべき時が八八年です。一年しか残っていません。皆さん自身がまず行うのです。興進君と共にしなければなりません。
 興進君は、皆さんの罪を許すために、夜も寝ないで過ごしながら世界を一周してここまで来ました。皆さんは、みな罪を犯したカインと同じ立場です。そして、世の中の人々が皆さんとちょうど同じ立場です。
すから、皆さんが彼らのために生きなければなりません。座ったままで楽に暮らしなさいというのではありません。興進君が皆さんの過ちを許したように、皆さんも世の中に出ていって、殴られようと何をされようと服従させるのです。
 そして、「来なさい」と言えば来るし、「行きなさい」と言えば行くようにして、すべての人を天国に連れていくことができるようにしなければなりません。それが教示です。先生は必要ありません。満四年目にその特権を与えたのです。
皆さんが興進君と共にあることを信じ、皆さんを許そうと思います。では、そのためにはどこに行かなければなりませんか。どこに行って闘わなければなりませんか。一線に行かなければなりません。
 今回、興進君が来て世界的に整備し、すべてを終えたので、今からは新しい出発を求める心情をもって、目をまっすぐに見開いて原理観を見つめながら、それに合わせていかなければならない責任が残っています。
それを一言で言えば、世界的蕩減を先生が皆さんに相続してあげたので、あとは皆さんが責任さえ果たせば解放は終わるということです。

「韓国祝福家庭の特別恩赦集会 1987年12月本部教会」より

過去の礼拝のみ言

教会行事案内
天一国神氏族メシヤ礼拝
日時:1月10日(水) 開始:21:00
会場:礼拝堂(山善ビル4階)

2018年1月度『孝情清平2日修錬会』の日程

日程 (陽暦) 帰国日 備考:
毎週1代~210代
追加先祖解怨式
1週 【2018年1月6日(土)~1月7日(日)】 1/8(月) 修錬会
霊肉界家庭出発修錬会
2週 【2018年1月12日(金)~1月13日(土)】 1/14(日) 修錬会
霊肉界家庭出発修錬会
3週 【2018年1月20日(土)~1月21日(日)】 1/22(月) 修錬会
先祖祝福式
4週 【2018年1月26日(金)~1月27日(土)】 1/28(日) 修錬会

2018年度 清平修錬会の年間日程案内