【礼拝のみ言】

天一国二年天暦11月14日(陽暦2015年1月4日)

説教の前に週刊ブリーフィングの映像上映がありました。
説教タイトル:「 天運と共に勝利しよう! 」
説教者:山本文登教区長
今日、世界の混乱状態を迎えた全人類は、国家を超越して平和世界を追求しています。しかし、人を中心とした平和は、今まで実現しませんでした。人々が願ったすべての平和は実現しなかったので、今、一つの可能性があり、希望を与えるところがあるとすれば、それは神様を中心とした世界平和の論理を提唱するところです。そこにおいてのみ、混乱した世界に新しい方向性、新しい歴史性を提示できる、その何かがあるはずです。このような結論は、論理的に追求するときに得られる、堂々とした結論です。
この結論とは、天国です。天国を意味するのです。平和の世界、中心をもった平和の世界です。そのような所が天国です。その中心は、歴史性を克服しなければならず、宗派性を克服しなければならず、その次に民族性、人種性など、あらゆるものを克服しなければなりません。そのような立場において、変わらない一つの中心として残り得る所にならなければならないのです。

「新天聖経 第10篇 平和思想 第一章」より

【説 教】

本日は、今年最初の礼拝です。今年はお父様がご来日して50周年、日韓国交回復50周年の年、太平洋戦争が終わって70年、国際連合創立70周年の節目の年です。そして天一国が出発して3年目です。三つ子の魂100までと言われるように、この三年が100年千年万年の歩みに影響を与えていきます。3年目が特に重要です。勝利していきましょう。
2015年八王子教会はどの様な方針で歩んでいけばよいでしょうか。
最近よく“人づくり”という言葉が耳に入ります。まず、“人づくり”です。人間として立派であれば、万物も主管できます。
私たちも真のお父様から教育されました。原理も何度も学んできました。み言を生活化、人格化しているでしょうか。説教、講義ができても、行動が出来ていないといけません。聖書や原理講論を暗記している方もいると思いますが、生活化できているとは限りません。私たちも訓読した内容を生活化、人格化できなければいけません。
真のお父様は、「社会や世界で起きる問題は食口が原因だと考えなさい」と言われました。真のお父様もご自身に責任を課せられます。イエス様も人類の責任を負って十字架にかかられましたね。統一教会の私たちも隣で起きた災いも自分の事の様に思わなければいけません。自己中心的な考え方に染まってはいけませんね。
次に、お母様が基盤拡大の話をされています。全人類が祝福を受ける日はいつでしょうか。どうすればよいのでしょうか。私たちは全人類に祝福をしてあげたい真のお母様の考えに従っているのでしょうか。努力すべき内容が多いですね。
本格的に伝道する人をつくっていこうと思います。その為に、120の基台をつくっていこうと思っています。120数はペンテコステを起こした基台です。聖書にも書かれていますね。
八王子教会120名の基台をつくって勝利していきましょう。そして、2015年を忘れることが出来ない実績をあげる年にしましょう。
スイッチの切り替えることが大切です。家庭では、お父さん、お母さん。教会では宣教師のようになりましょう。そして、み言で感化できる人になりましょう。影響を与えていく人になって行きましょう。影響を与えるのに有効なのが文化活動です。文化活動を活発化していかなければなりません。
昨年、最後の礼拝でファミリーフェスティバルを行いましたが、聖和された方が13名、誕生された方が3名でした。この現状では衰退してしまいます。二世、青年伝道をもっと勧めなければいけません。昨年は、宋龍天総会長、李海玉師母様、徳野英治会長も来られました。青年は1000人に基盤拡大して、真のお母様に会いに行きましょう。
また、天運がなければ勝利できません。中心をお迎えするという事が天運相続です。中心者をお迎えする事は難しいです。中心者を精誠込めて準備し、お迎えする事に天運があります。中心の天運と、地にある私たちの精誠があって勝利します。
最後に笑顔です。真のお父様がどんな苦労でも笑顔で愛して下さいました。鏡の前で笑顔の研究をされたそうです。最初に真のお父様にお会いできた時の笑顔が忘れられません。
どんな時でも、笑顔を忘れずにいれば天運と共にあります。今、私たちは神様を信じ、自分自身を信じて行きましょう。それが自信です。私と共に神様、真の御父母様、絶対善霊がいますので自信が持てます。
神氏族的メシヤとして私たちはどうのように振舞ったらよいでしょうか。道端ですれ違っている人をどう思っていますか?なかなか真の御父母様とお会い出来ないですね。ですから、すれ違う人を真の御父母様と思って侍ってください。この姿勢をもって歩んでください。
この積み重ねをしていくときに勝利の道があります。アダムエバのとき天使という教育者を立てられました。
ですから、私たちも完成していくためには協助者が必要です。伝道する時に協助者が必要です。お互いの勝利の為に食口同志が助け合ってください。
2015年が大きく勝利し天にお返しできるようにしていきましょう。

ここに掲載されているのは、礼拝内容の一部です。
内容全体は、来教して礼拝映像を視聴しましょう。

過去の礼拝のみ言