【幸福を招く自叙伝書写会】

天一国元年天暦8月6日(陽暦2013年9月10日(火))

幸福を招く自叙伝書写会をJR八王子駅北口駅前の東急スクエア12階にて開催しました。
今回は、「家庭は天国の出発点」というタイトルで講演が行われました。

2013.09.10_shosha01

【家庭は天国の出発点】
家庭は、神が創造した最高の組織です。また、人類が互いに愛し、平和に暮らすことを学ぶ愛の学校であり、世の中に平和の王宮を建てるための訓練道場です。為に生きる妻として、そして永遠の愛の道を行くための夫婦として、その責任を学ぶところです。家庭は世界平和のためのベースキャンプなので、息子、娘が「お父さんとお母さんが喧嘩する姿を、生涯一度もみたことがない」と言うようにならなければなりません。父母は、子供たちにとって第二の神様です。「神が好きか? お父さんとお母さんが好きか?」と尋ねて、「お父さんとお母さんが好きです」と答えたら、それはすなわち「神様も好きだ」という意味です。教育の最も大事な部分を担っているのが家庭です。幸福も平和も、家庭の外にはありません。家庭ことが天国です。いくら莫大なお金と名誉を持ち、世界をすべて手に入れたとしても、健全な家庭を築くことができなければ、その人は不幸です。家庭は天国の出発点だからです。夫婦が真実の愛で結ばれ、理想的な家庭が築かれたら宇宙と直接連結されます。

 

【自叙伝書写の証し】
夫婦が向き合うようになりました(51歳婦人)
心の書写は以前から書いていたのですが、なかなか、まわりで聞く劇的な証しもなく、いつも継続できずにおりました。
しかし、夫婦で大ゲンカをしたことをきっかけに、もう一度書写を始めました、夫に対していつも湧いてくる思いがありました。
「夫は解ってくれない」という思いです。夫婦げんかの原因はいつもこの「解ってくれない」という思いからでした。夫婦で書写を始めて一か月、気付いたことは、「解ってあげてなかった」のは自分だったということです。いつも要求することしかしてこなかった自分を気付かされました。夫の事を何も理解していませんでした。
今一番変わったことは、夫婦で向き合うことが出来るようになったことです。本音で向き合って何でも会話していく中で、夫の愛情に触れて幸福を感じています。心の書写が心を成長させてくれました。本当に感謝です。