【霊界感謝還元祈願礼式】

天一国二年天暦閏9月12日(陽暦2014年11月4日)

 必勝2020V南北統一祈願霊界感謝還元祈願礼式を開催しました。
開式宣言の後、代表祈祷、証し、霊人紹介、山本文登教区長のみ言、祈願書奉納、山本文登教区長の祝祷、全体報告祈祷の順に進行しました。
霊人紹介:高杉晋作
高杉 晋作(たかすぎ しんさく、天保10年8月20日(1839年9月27日)- 慶應3年4月14日(1867年5月17日))は、江戸時代後期の長州藩士。幕末に長州藩の尊王攘夷の志士として活躍した。奇兵隊など諸隊を創設し、長州藩を倒幕に方向付けた。
諱は春風(はるかぜ)。通称は晋作、東一、和助。字は暢夫(ちょうふ)。号は初め楠樹、後に東行と改め、東行狂生、西海一狂生、東洋一狂生とも名乗った。他に些々などがある。変名を谷 潜蔵、谷 梅之助、備後屋助一郎、三谷和助、祝部太郎、宍戸刑馬、西浦松助など。のち、谷 潜蔵と改名。
栄典は贈正四位(1891年(明治24年)4月8日)。

wikipedia 高杉晋作

高杉晋作は、明治維新の立役者で、統幕に大きな影響を与えました。
決断力と行動力が素晴らしく、国の為に今何をしたら良いかを考え、即実行されました。統幕の際にも、志を一つにし、一体化していく中で勝利しました。

2014.11.04_Shinsaku_Takasugi02 2014.11.04_reikai