【霊界感謝還元祈願礼式】

天一国三年天暦2月25日(陽暦2015年4月13日)

 必勝2020V南北統一祈願霊界感謝還元祈願礼式を開催しました。
開式前にエンターテイメントを行いました。開式宣言の後、代表祈祷、証し、霊人紹介と進行しました。今月の霊人はフランシスコ・デ・ザビエルを紹介しました。次に山本文登教区長のみ言、全体で祈願書を奉納し、山本文登教区長の祝祷、全体報告祈祷の順に進行しました。
霊人紹介:フランシスコ・デ・ザビエル
フランシスコ・デ・ザビエル(スペイン語: Francisco de Xavier または Francisco de Gassu y Javier, 1506年頃4月7日 – 1552年12月3日[1])は、ナバラ王国生まれのカトリック教会の司祭、宣教師。イエズス会の創設メンバーの1人。バスク人。
ポルトガル王ジョアン3世の依頼でインドのゴアに派遣され、その後1549年に日本に初めてキリスト教を伝えたことで特に有名である。また、日本やインドなどで宣教を行い、聖パウロを超えるほど多くの人々をキリスト教信仰に導いたといわれている。カトリック教会の聖人で、記念日は12月3日。

wikipedia フランシスコ・デ・ザビエル

2015.04.13_Xabier 2015.04.13_reikai

過去の霊界感謝還元祈願礼式