【孝情還元祈願礼式】

天一国五年天暦11月15日(陽暦2018年1月1日)

 必勝VISION2020天運相続孝情還元祈願礼式を開催しました。
開式宣言の後、代表祈祷、証し、霊人紹介に続き、山本文登教区長のみ言を賜りました。続いて、全体で祈願書を奉納し、山本文登教区長の祝祷、全体報告祈祷の順に進行し閉式しました。
 皆さんは、信仰生活において神秘的体験、あるいは霊的に神様がいらっしゃることを体験していますか。皆さんの中に、祈りや夢での啓示の中で、霊的にでも先生とたびたび会い、先生の指導を受ける人がいるはずです。100%そのようにならなければなりません。それは、私たちだけがもっている力であり、私たちだけがもっている誇りであり、私たちだけがもっている宝物だというのです。
 今まで宗教は、体験的な過程を経ることができなかったために、あたふたとさまよい、世俗化してしまいました。しかし、統一教会は、最後の位置に立った神様であることを知っているので、いくら波風や洪水が押し寄せてもこれを押しのけ、死ぬことがあっても、あすへの希望を遺言に残して死ぬことのできる男性と女性になっているという事実は、驚くべきことです

「天聖経p843.1節 信仰生活での体験」より

過去の霊界感謝還元祈願礼式