【祝福原理復興会】

天一国元年天暦12月26日(陽暦2014年1月26日)

2014年1月26日(日)、27日(月)に祝福原理復興会を開催しました。
26日は東急スクエア12階(八王子市学園都市センターイベントホール)で開催し、27日は八王子教会礼拝堂にて行いました。
今回の講演は、6回講座の6回目「結婚の真実」と題しまして、入山聖基教会長が語られました。 「結婚の真実」は、シリーズのまとめであり、結論となっています。
<祝福結婚とは>
理想的な平和世界を成し遂げようとする時、交叉祝福(結婚)より早い道はありません。交叉祝福は、国家を超えた結婚ばかりを言うのではありません。宗派が異なる人たちを結婚させることも、国境を崩すことと同じくらい重要なことです。 結婚は二人がするものですが、実際には二つの家系が因縁を結ぶことであり、さらには、二つの氏族、二つの国が融和することです。 異なる相手の文化を受け入れ、歴史の中で生じた怨恨を克服して一つになっていきます。このようにして数世代が経てば、国家や人種間の分裂や反目がなくなり、全人類が一つの家族となって、平和な世界をつくることができるのです。 (文鮮明自叙伝「平和を愛する世界人として」227~229ページより)

2014.01.27_genri01 2014.01.27_genri02 2014.01.27_genri03