「統一原理」の学びを通して、すべての動機を「相手の為に」という事を中心に生活する大切さを学びました。
 書写の言葉にも「幸福は、人の為に生きる人生の中にあります」とありますが、学びを深めるうちに、家庭の中に多くの福が舞い降りてきたことを感じます。
 夫や家族の関係が良くなりました。そして、次男に子供が授かるようにずっと祈願してきたのですが、なんと本当に子どもを授かる事が出来ました。
 文先生は自分や自分の家族さえ幸福になれば良いという方ではありません。自分よりも他の為に、人類の為にという生き方をされました。私は大変感銘を受けました。そして私自身も少しずつですが、統一原理で学んだことを生活の中で実践できるように意識するようになりました。
 例えば、文先生がされたように、人類のことを思って、無駄を減らし節約する生活を実践しようと意識するようになりました。
 自分さえ良ければよいと自分中心でなく、貧困で苦しむ国の方々のことを思いながら無駄をしないようにと生活するようになりました。以前はお金や物の使い方にルーズだった私が、少しずつ変わることが出来たことに心から感謝しています。
 そして、統一原理を通して神様の存在を知ることが出来ました。しかし確信まではありませんでした。
 「神様にお祈りすれば、必ず聞いておられますよ。だから日々、神様に挨拶し、お祈りしたら良いですよ」と教えていただきました。頭では理解していても確信に至る事は簡単ではありませんでした。しかしある出来事をきっかけに神様を実感することができました。
 ある時、夫婦で旅行に行ったのですが、旅行先で物を無くしてしまいました。無くした物は、とても大切なもので、亡き弟がプレゼントしてくれたネックレスでした。私はその時、初めて切実に神様に祈ったように思います。
 「神様、お願いします。どうしてもなくす事ができない物のです。本当に大切な弟からのプレゼントです!どうかお願いします。」と切実に、切実に祈りました。すると不思議とある場所に導かれて、するとパッとひらめいて洗濯物を入れる袋を手に取り、のぞいて見ると、キラッと光ったのです。なんとそこにネックレスが目に飛び込んで来ました。「あったのです!」あらゆるところを探しても見つからず、あきらめかけていたので、見つけた時は、本当にビックリしました!
 誰が何と言おうと、私にとって、神様の導きと愛を実感した瞬間でした。それほど私にとって深刻な事件だったからです。統一原理を学び、神様と出会うことで私の人生は一変しました。
 私は一人ではなく、神様が共にあり、愛されている喜びと安心感がいつも私を包んでいます。私は、統一原理を学び、生き方や価値観が少しずつ変わったと感じています。心から感謝しております。